オーガニック食品のネットショップです

カントリーママ
いのちを大切にする暮らしと食べ物


 
私たちが暮らす小さな村は、標高600m。
美しい水が湧き、小鳥や獣たちと共に暮らすナチュラルライフ。
私たちは、そこで田んぼでお米を作り、畑で大豆や野菜を作って暮らしています。
 

私が、この土地の人と結婚し、お嫁(?)に来たのは27年前・・・。
今はもういない義母は、いつも可愛い笑顔で、畑からとれたての野菜で、毎日美味しい料理を作ってくれました。そして、移り変わる季節の折々で、お漬物を仕込み、だんごやちまきを作っては、みんなに振舞うのです。
当時、私にはそんな生活がとても新鮮でした。
毎日お買い物に行かなくても暮らせることや、畑のもぎたての水々しい野菜を採ってこれる喜びやその美味しさ、お風呂に浸かってお水をゴクゴク飲める驚き・・・でも、それが私にとって、本当に心安らぐ暮らしであり、追い求めた幸せであったことに気づいたのです。

今では、子供達(息子3人)も大きくなり、世の中も随分厳しくなってきました。縁あって、義母が作っていた藁づと納豆をお手本に納豆業界の方に指導を受け、私たち自ら作った大豆で納豆を作り、販売するようになりました。それでも基本は、義母の笑顔。その中にはいつも、子や孫を想う深い愛情があったと思います。私たちが、人や自然を想い、「いのち」を中心とした暮らしを実現できる時、きっと心から満たされる時間(とき)を実感できるのではないでしょうか。私たちは人の手しごとにこだわり、いのちを大切にする暮らしを追い続けたいと思います。