オーガニック食品のネットショップです

納豆へのこだわり

感動する食べ物を作りたい

熊本の人たちは、納豆が大好き。
少し前までは、暮れになると、その年にできた藁を編み、大豆をコトコト炊いて、藁づと納豆を作っていました。
そして餅つき、つきたての餅に納豆をたっぷり包んで食べる・・・。熊本ならではの納豆の楽しみ方です。
この藁づと納豆こそ、義母がいつも年末になると作ってくれたお袋の味。忘れられない食べ物のひとつです。
今では、藁づと納豆は珍しいものですが、時間をかけ、手間暇かけた食べ物には感動があります。
私たちも、毎年、梅雨明けを待って大豆の種を蒔き、夏には除草を兼ねて2回の土かけ、秋にようやく収穫、選別をして、選りすぐりの大豆を納豆にしていきます。
大豆を浸けるのは、この土地に湧く冷たく透明な水。
選別した大豆をさらに手選別して品質を高めていきます。
大豆を蒸すこと、発酵させること・・・。ひとつひとつを丁寧にゆっくりと。そしてもうひとつ大切なことは、納豆菌の声を聞くこと。春、夏、秋、冬、その季節それぞれに納豆菌の声を聞かなければ美味しい納豆は作れません。
大豆や育て方にこだわり、製造にこだわって作ったカントリーママの納豆。感動を与えられる日を夢見て日々努力してまいります。